張明亮 ~峨眉丹道医薬養生学派~

『気功の真髄―丹道・峨眉気功の扉を開く』

『気功の真髄―丹道・峨眉気功の扉を開く』

このたび、日本での初めての書籍となる『気功の真髄―丹道・峨眉気功の扉を開く』(角川学芸出版2015年3月25日刊)が出版されました。内容は本当に豊富です。気功愛好家の究極の一冊となるものです。

「気」とは何か、からはじまって、峨眉の歴史、丹道について、先生ご自身の来歴となる恩師のこと、気功法の代表である峨眉天字荘、静功の代表である周天搬運法、などがしっかりと書かれています。峨眉気功の全貌を把握でき、初心者の方々から専門家まで座右の辞書として、また導きの書として長く活用していただけるものです。

どんな本から気功を知るのかによって気功の世界の豊かさ、深さ、楽しさがまったく異なってきます。信頼できる、深い内容の本格的なものに出会うことが重要です。

漢方薬や医療に関心がある方にも参考になるでしょう。

峨眉派の特徴である、口訣はこれまで公開されたことが無いものも掲載されました。

DVDでは、峨眉の築基と天字荘が表演されています。パート練習もあります。この本一冊から、ハウツーものなら10冊以上は書けそうな内容です。

(本の写真)__

アマゾンとリンク

 

気功の真髄――丹道·峨眉気功の扉を開く

目次

 

  • 気功の道に入る
  • 気の解説

一、よく知っているようで知らない「気」

二、気とは何か

三、生命の三つの側面――気と形・神

四、形神合一 それは生命と健康

第二節 気功の三要素

  • 調身
  • 調息
  • 調心
  • 三調合一
  • 気功「煉気」術
  • 以形導気(形をもって気を導く)
  • 吐納行気(吐納によって気を行(うご)かす
  • 以気運形(気をもって形を運ずる)
  • 意随気行(意は気に随って行(ゆ)く)
  • 以神馳気(神をもって気を駛(はしら)す)
  • 以気調神(気をもって神を調ずる)

第四節 気功の分類

一、功法の特徴による分類

1.導引類

⒉.吐納類

3.存思類

4.静定類

5.周天(内丹)類

二、歴史の淵源(起源)による分類

1.道家気功

2.儒家気功

3.仏家気功

4.医家気功

三、練功姿勢による分類

1.站功

2.坐功

3.臥功

4.行功

 

第二章  丹道を尋ねて

第一節 丹

  • 丹とは何か
  • 外丹
  • 内丹

第二節 丹道

  • 道はどこにある?
  • 丹道――中国伝統哲学と古代科学技術が融合した結晶
  • 丹道諸派の方法と要点

 

第三章 峨眉の秘密を探る

第一節 神奇の山 峨眉山

  • 道教の聖地――仙山福地「峨眉山は道家の第七洞天」
  • 仏教の聖地――仏教四大名山の一つ「峨眉山は普賢道場」
  • 武術の聖地――「峨眉山は峨眉武術の発祥地」
  • 自然の宝庫「天然の中薬園」

第二節 峨眉臨済宗丹医養生学派

  • 起源は道家の上清派茅山宗にある
  • 佛家禅宗に属する峨眉臨済宗
  • 古代丹医の「生きた化石」
  • 武から道へ入る峨眉の道程

第三説 峨眉宗伝承諸師

一、開派の宗師・白雲禅師「白長老」(1200年代末)

二、密行の高僧・永厳法師(1800年末~1900年代半ば)

三、丹医大師・鎮健居士周潜川先生(1907~1971年)

第四節 主な峨眉功法の紹介

  • 峨眉十二荘
  • 峨眉臓腑小煉形
  • 峨眉法済功
  • 峨眉伸展功
  • 峨眉天罡指穴法
  • 峨眉按蹻功
  • 峨眉珍蔵・二十四節気導引術

 

第四章  峨眉十二荘――天字荘

第一説 峨眉築基法(峨眉気功入門)

  • 一字樁
  • 通臂勁
  • 蛇行蚕蛹
  • 提耳根勁
  • 平肩襠勢
  • 童子拝仏

第二説 峨眉天字荘

第一式 平肩襠勢

第二式 両掌前起

第三式 左腿分八法

一、左勢

1.丁字歩

2.捜襠腿

3.翹剪式

4.海底針

5.鳳点頭

6.内転太極

7.外転太極

8.内扣脚

二、右勢

第四式 揮円一字

  • 錯骨分筋
  • 揮円嘶気
  • 寒肩縮項
  • 展臂噓気
  • 平肩一字

第五式 左右通臂

第六式 連環三昧掌

  • 須弥掌
  • 鷹爪掌
  • 虎爪掌

第七式 左右通臂

第八式 指描太極

  • 五指正描太極
  • 衝天杵
  • 五指反描太極

第九式 左右通臂

第十式 降騎馬襠

第十一式 馬歩三掌

  • 捧沙掌
  • 撥雲掌
  • 推雲掌

第十二式 平肩襠勢

 

第五章 峨眉静坐入門

第一節 静坐調身八法

第一要 如法入座

第二要 頭正頂懸

第三要 竪脊正身

第四要 握手結印

第五要 両肩斉平

第六要 飛肘含胸

第七要 緘口蛀舌

第八要 合眼垂簾

  • 周天搬運法

周天搬運法とは何か

名前の由来と口訣/周天/搬運/大小周天

三関/尾閭関/夾脊関(轆轤関)/玉枕関

返観内視

第一歩 神与気合(神と気を合わせる)

第二歩 捨気従脈(気を捨て脈にしたがう)

第三歩 神与脈合(神と脈を合わせる)

第四歩 周天運転(周天に運転する)

第五歩 五気帰元(五気が元に帰る)

 

第三節 静坐にともなう重要事項

  • 静坐前の準備
  • 静坐後の導引
  • 静坐の各段階の注意事項

 

終 章  師の恩に感謝して

1.運命の出会い――啓蒙の師・李正修

2.峨眉の道へ――気功医師・周巣父

3.生涯の恩師――儒道の隠師・徐一貫

4.丹医全体系の師――丹医本師・楊凱

5.丹臨床研究の師――丹医導師・李国章

6.禅修行の実践――仏学上師・釈寂度

7.鍼灸の技を磨く――鍼灸宗師・師懐堂

8.不思議な巡り合わせ――師ではない師・李海生

 

あとがき

巻末資料

(目次、以上)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 峨眉気功への招待|張明亮 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.