《明師寄語》は、張『明』亮老師の伝え、希望を託した言葉、更には老師の意図を

『明』白に理解するという、二つの意味を含みます。

峨眉養生文化研修院の院長である張明亮先生から、おりに触れて寄せられる言葉 を掲載していきます。

《明師寄語その1》

峨眉丹医養生学派は、完成されたシステムや厳格な学習順序を特に重視する。例えば練功に関しては、最初は導引煉形から始め、その後徐々に吐納煉気や存思煉神を加え、形、気、神三者が合一した境地へと進んでゆく。この様にして、本当に天人合一への道を歩むために、堅実に基礎を打ち立てるのである。私が、伸展功を全ての練功の始めに置き、基礎とするのは、この様な学派の考え方に依るのである。(2015.2.6)

峨眉丹医养生学派,特别重视完整的系统与严格的次第。比如练功,皆从导引炼形开始,然后再逐步加入吐纳炼气、存思炼神,进而达到形、气、神三者合一的境界,为真正走上天人合一之路奠定了坚实的基础。我之所以把峨眉伸展功作为一切练功修行的开始与基础,其原因就在于此。(2015.2.6