来る2018年11月30日~12月2日、上智大学大四谷キャンパスにおいて国際シンジウム「身心変容のワザと哲学」が開催されます。このなかで、張明亮老師は第二日目の基調講演と第三日目のワークショップを行います。なお、主催の身心変容技法研究会では、2015年4月の第35回の研究会・一般公開講座を行っており、これに続いての登壇となります。当研修院の代表理事:鎌田東二も基調講演を行います。詳細は下記の通り。 ページ下部のプログラムもご参考ください。

※12月2日のワークショップの参加は事前の予約が必要ですので直接シンポジウムの事務局へお申込みください。

 

国際シンポジウム 身心変容のワザと哲学  (プログラム)

 於:上智大学 四谷キャンパス

通訳(逐語通訳): フランス語・ロシア語・中国語

主催: 上智大学・科研:身心変容技法研究開

予約: 11月30日・12月2日→要予約  12月1日→予約不要

※参加無料

会場: 東京都千代田区紀尾井町7-1 ■四谷駅(JR中央線、東京メトロ丸ノ内線・南北線)麹町口・赤坂口から徒歩5分

 

第一日目 11/30(金) 13:00−17:00

場所:上智大学四谷キャンパス L号館(中央図書館 8階)821会議室

内容:招待講演者(全員)の紹介、講義・質疑応答・討論

ベルナール・アンドリュー (パリ第5大学教授)

テーマ: 身心変容の哲学~現象学的身体論から

※事務局への事前申し込みが必要です(下記参照)

第二日目 12/1(土) 13:00−18:00

場所:上智大学四谷キャンパス 6号館101教室(ソフィアホール)

 内容:公開国際シンポジウム・基礎講演 

    テーマ:身心変容技法の可能性と限界

 〇ベルナール・アンドリュー (パリ第5大学教授)

 ・身体哲学・現象学、フランス現象学からみた身心変容の哲学

 〇レオニード・アニシモフ (演出家・ロシア功労芸術家 ロシア)

・演劇における身心変容技法

 〇張明亮 (気功家・峨眉丹道医薬養生学派第14代伝人・日本峨眉養生文化研修院院長、中国)

・五臓の音符と身心変容技法

 〇奥井遼 (同志社大学社会学部教育文化学科助教・臨床教育学) 

・身体哲学 サーカスと身心変容技法 

 〇鎌田東二 上智大学グリーフケア研究所特任教授

・身心変容技法研究会研究代表 能と修験道における身心変容技法

 〇コメンテーター   アレクサンドル (パリ第5大学博士)

 

▼第三日目 12/2(日) 13:00−18:00

場所:上智大学四谷キャンパス L号館(中央図書館 9階)911会議室

 内容:講義+ワークショップ・質疑応答・討論 

    テーマ:演劇的身体と気功的身体の哲学とワザ

〇レオニード・アニシモ(演出家・ロシア功労芸術家、ロシア)

演劇的身心変容のワザ

〇張明亮(気功家・峨眉丹道医薬養生学派第14代伝人・日本峨眉養生文化研修院院長、中国)

五臓の音符と身心変容技法

 

※事務局へのお申込み方法

連絡先 E-mail:wazasophia@gmail.com

上記のアドレスに

件名:国際シンポジウム〇月〇日参加希望

本文には  【お名前】【連絡先(メールアドレス または電話番号)】を書いてお申込みください。

 

シンポジウム プログラム